メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段が詰め将棋4連覇 ただ一人の100点満点

4連覇を達成し表彰状を受け取る藤井聡太六段=名古屋市中区で2018年3月25日午後4時38分、三上剛輝撮影

 詰め将棋を解く速度と正確さを競う「第15回詰将棋解答選手権」のチャンピオン戦が25日、東京、大阪、名古屋の3会場で行われ、最年少棋士の藤井聡太六段(15)は大会史上初の4連覇を果たした。永世名人の資格を持つ谷川浩司九段や広瀬章人八段らプロとアマチュアの計105人が参加し、唯一の100点満点だった。

 チャンピオン戦は、39手以内に詰める難…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです