特集

サッカーキング

株式会社フロムワンのサッカー情報サイト「SOCCER KING」から、コラム、選手インタビュー、試合リポートなどサッカーにまつわるあらゆるニュースを配信。

特集一覧

サッカーキング

ハリル、日本代表監督としての「夢」を明かす「銀座でパレードをする」

情報提供サッカーキング

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本代表を率いるハリルホジッチ監督 拡大
日本代表を率いるハリルホジッチ監督
 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は26日、ウクライナ戦に向けた前日会見に登壇した。

 明日27日に対戦するウクライナはFIFAランキング35位と格上の相手。ハリルホジッチ監督も「マリよりもレベルが高い。ウクライナの攻守の特長を選手たちに見せた。非常に質の高いチーム」と警戒する。

 この試合を終えると、次戦は5月30日のガーナ代表戦となり、いよいよ6月のFIFAワールドカップに向けた最終フェーズに突入する。

「我々は一体感を持って進まないといけません。日本代表にはたくさんの選手、スタッフがいます。外国人のスタッフも日本人の気持ちで臨んでいます。私もそのように扱ってもらいたいです。3年間ともに仕事をしてきました。そして、この先に非常に難しいチャレンジが待っています。まだ準備はできていませんが、2カ月後にどうなっているのか。そこにはたくさんの要素が絡んできます。私が先頭に立って、責任を持って促していかなければなりません」

 日本代表は11月の欧州遠征で強豪相手に2連敗。12月のE-1選手権も優勝を逃し、今月23日のマリ戦でも相手に先制を許す苦しい展開となった。ワールドカップに向けて不安視する声も決して少なくない。ハリルホジッチ監督はプレッシャーがある中でも「勇敢」に挑むことを促した。

 またハリルホジッチ監督の夢はワールドカップで成功を掴み、「銀座でパレードをする」ことだという。

「銀座でパレードをするためには、成功しないといけません。いいゲームをして成功する。そんな夢を抱いています。約束はもちろんできません。まだまだ銀座には程遠い状況ですし、地理的にも目標としてもまだ遠い状態です。日本代表監督としてそう思っています。チーム全員で銀座でパレードできる日を夢見ています」

 銀座で夢の「パレード」を実現へ。まずは明日のウクライナ戦がワールドカップに向けた試金石となる。

【関連記事】
●日本代表がウクライナ戦に向けて調整 大島、宇賀神に加えて大迫も別メニュー
●本田圭佑、ウクライナ戦は“結果”にこだわる「負けるだろうじゃなくて勝つ」
●長友の脳裏によぎる2010年の記憶「僕はチャンスだとポジティブに捉えたい」
●W杯へ危機感募るハリル、やるべきことは「全て、全て、全てです」
●「最後諦めるな!」本田も白熱の“デュエル特訓”、サブ組から感じた強い意思

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集