特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

第5日 東海大相模が快勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

 (27日・阪神甲子園球場)

 第5日の27日は2回戦3試合。第1試合は、優勝した2011年以来、7年ぶり出場の東海大相模(神奈川)が聖光学院(福島)に快勝し、3回戦に進んだ。第2試合は、18年ぶり出場の国学院栃木と、センバツ初勝利を目指す延岡学園(宮崎)の顔合わせ。第3試合は、明秀日立(茨城)と高知。

 ▽第1試合=2回戦(午前9時3分開始)

聖光学院(福島)

  101000001=3

  63010101×=12

東海大相模(神奈川)

 聖光学院は一回、無死二、三塁から矢吹の一ゴロで飛び出した二塁走者を刺そうと一塁手が送球した間に三塁走者が生還した。

 東海大相模は一回、無死満塁から上杉の適時打で同点とし、梶山の二ゴロ併殺打の間に勝ち越した。さらに2死一、三塁から渡辺の二塁適時内野安打、斎藤の右越え3ランでこの回6点を奪った。二回には3点を加えた。

 聖光学院は三回、1死二、三塁から五味の二ゴロの間に1点を返した。

 東海大相模は四回、2死三塁から後藤の左翼線適時二塁打で1点を追加した。

 東海大相模は六回、2死三塁から梶山の右前適時打で加点した。

 東海大相模は八回、2死一塁から上杉の右翼線適時二塁打で1点を加えた。

 聖光学院は九回、1点を返したが及ばなかった。

延岡学園、初回2ラン

 ▽第2試合=2回戦(午前11時36分開始)

 国学院栃木は水沢、延岡学園は上野の両右腕が先発。

 国学院栃木は一回、死球と敵失などで1死三塁とし、青木の三ゴロを三塁手が本塁へ悪送球した間に先制した。

 延岡学園は一回2死二塁から小幡の中前適時打で追いつき、工藤の左越え2ランで勝ち越した。

 国学院栃木は二回から左腕・渡辺が登板した。

 延岡学園は四回1死一、三塁から柳川の左越え2点適時二塁打で加点した。

 国学院栃木は五回1死一、二塁から近藤の右前適時打で1点を返し、さらに満塁から青木の遊ゴロで1点。2死二、三塁から大栗の中前2点適時打で計4点を奪って追いついた。

 国学院栃木は六回無死、島田の右越え本塁打で勝ち越した。さらに代わったばかりの延岡学園の右腕・吉田を攻め、1死二塁から近藤の左前適時打で加点した。

関連記事

あわせて読みたい