メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日ハム、北広島移転決定 ボールパーク、道遠く 「アジア一目指す」 JR、整備不透明 /北海道

握手する上野正三市長(左)と日本ハム球団の前沢賢・事業統轄本部長=北広島市役所で

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの移転候補地が、北広島市の「きたひろしま総合運動公園」に決まった。試合用の球場だけでなく、商業施設や住宅・子育て施設も併設し、観客が長く滞在できる「アジアナンバーワンのボールパーク」建設を目指すが、実現には交通アクセス面など課題が山積している。球団の決定を北広島市民は歓迎する一方、市内への本拠地残留がかなわなかった札幌市民からは落胆の声が漏れた。【野原寛史、安達恒太郎、澤俊太郎】

 北広島市に移転候補地が決まった球団のボールパーク構想とは、どのような内容なのか。

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです