メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日ハム、北広島移転決定 ボールパーク、道遠く 「アジア一目指す」 JR、整備不透明 /北海道

握手する上野正三市長(左)と日本ハム球団の前沢賢・事業統轄本部長=北広島市役所で

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの移転候補地が、北広島市の「きたひろしま総合運動公園」に決まった。試合用の球場だけでなく、商業施設や住宅・子育て施設も併設し、観客が長く滞在できる「アジアナンバーワンのボールパーク」建設を目指すが、実現には交通アクセス面など課題が山積している。球団の決定を北広島市民は歓迎する一方、市内への本拠地残留がかなわなかった札幌市民からは落胆の声が漏れた。【野原寛史、安達恒太郎、澤俊太郎】

 北広島市に移転候補地が決まった球団のボールパーク構想とは、どのような内容なのか。

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2168文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです