新潟・福島豪雨

只見川ダム訴訟 原告側の請求棄却 「被害は天災の結果」 地裁会津若松支部 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
妻澄子さんの遺影を手に水害当時を振り返る長谷川義晴さん=金山町越川で
妻澄子さんの遺影を手に水害当時を振り返る長谷川義晴さん=金山町越川で

 2011年7月の新潟・福島豪雨で発生した水害は、只見川流域の発電用ダムにたまった土砂を適切に取り除かなかったのが原因だとして、金山町の住民ら34人がダムを管理する東北電力とJパワー(電源開発)に計約3億3800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、福島地裁会津若松支部であった。佐野信裁判長は「被害は天災の結果というよりほかなく、土砂との因果関係は認められない」として原告側の請求を棄却した。【湯浅聖一、宮崎稔樹】

 訴訟は、ダムにたまった土砂と水害の因果関係や、電力会社が水害を予見・回避する責任の有無が大きな争点となった。

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文2040文字)

あわせて読みたい

注目の特集