メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大熊で植物工場起工 イチゴ養液栽培 農業再開へ期待 /福島

植物工場の起工式でくわ入れする渡辺利綱・大熊町長(右から2人目)ら=大熊町大川原で

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く大熊町の大川原地区で26日、耕作土を使わない養液栽培でイチゴを生産する植物工場の起工式があった。町は大川原地区などの避難指示解除に向け、住民帰還を促す雇用の場にしたい考えで、来年4月に稼働させる予定だ。

 植物工場は、町が大型温室(約2ヘクタール)を整備し、民間の出資者とともに設立する株式…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです