メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子少年院・更生をめざして

第3部~犬とともに/中 誰かとの関わり、幸せ 愛し方を知り心開く /群馬

 榛名女子学園(榛東村)で「パートナードッグ」が導入されたのは2004年度。きっかけは、矯正教育に動物を介在させようという法務省の方針だった。男子の愛知少年院(愛知県豊田市)と同時に始まり、今も全国の少年院のうち2カ所だけで実施されている。

 05年3月、「捨て犬」として愛知県内の愛護センターにいた赤ちゃん犬が榛名女子学園にやって来た。両耳が垂れたつぶらな瞳の白い雑種犬は思わぬところで命拾いし、法務教官である職員らによって「ルナ」と命名された。

 学園で犬を飼い、犬を介して少女たちの矯正につなげることは、職員にとっても初めての経験。約5人が横浜…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです