メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氏邦桜

鉢形城跡のエドヒガンザクラ、愛称決定 寄居町 /埼玉

7分咲きとなった「氏邦桜」を、緋毛氈のベンチに座って眺める家族連れら=寄居町の鉢形城公園で

 寄居町は今年、日本城郭協会の「日本100名城」にも選ばれている鉢形城跡にある町天然記念物のエドヒガンザクラの愛称を、城主だった北条氏邦(うじくに)にちなんで「氏邦桜」と決めた。これを機に、樹齢150年を超え見事な樹形で知られるエドヒガンザクラを広く知ってもらおうと、花見に訪れた人に塩漬けにした桜の花を湯に浮かべた桜湯を飲みながら緋毛氈(ひもうせん)を敷いたベンチに座って眺めてもらうサービスを始めた。31日まで。

 エドヒガンザクラは2本の幹がいったん伐採された後に株元から12本の芽が成長し、高さ18メートル、笠…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文522文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです