特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

夏へレベルアップ 富山商が報告会 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツで活躍した富山商野球部員らにエールを送る応援部員ら=富山市庄高田の同校で、鶴見泰寿撮影 拡大
センバツで活躍した富山商野球部員らにエールを送る応援部員ら=富山市庄高田の同校で、鶴見泰寿撮影

 <センバツ2018>

 第90回センバツで智弁和歌山に惜敗してから一夜明けた26日、富山商ナインは富山市庄高田の母校に戻り、甲子園での熱戦について仲井章校長らに報告した。

 ナインらを乗せたバスは午後4時半ごろ、学校に到着。吹奏楽部が校歌を演奏し、桶屋泰三同窓会長や松田満野球部OB会長、保護者、応援部ら約110人が出迎えた。

 前崎秀和監督が接戦の末での敗戦を報告。「北信越代表として初戦敗退で大変残念。この経験を糧にして夏の甲子園に向け、さらなるレベルアップを図りたい」と語った。

 仲井校長は「皆さんの物おじしない立派な戦いぶりに県民は感動した。試合で得られた課題を克服し、もう一度甲子園に連れて行ってほしい」と選手らをねぎらった。

 福島幹主将(3年)は「悔しい結果だが、夏にもう一度チャンスがある。必ず甲子園に戻れるように頑張りたい」と話した。

 最後に吹奏楽部の演奏に乗せて学ラン姿の応援部がエールを送った。【鶴見泰寿】

次に読みたい

あわせて読みたい