メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

信州と関わり深い文化知って 鷹狩りの歴史たどる 県短大・二本松准教授、古文書もとに研究書 /長野

信州に関わりの深い鷹狩りの歴史を研究する二本松泰子准教授=長野市三輪8の県短期大で

 鷹(たか)を使った伝統的な狩猟「鷹狩り」の作法やその由来を記した古文書「鷹書」をもとに、信州と関わりの深い鷹狩り文化の歴史をたどる研究書「鷹書と鷹術流派の系譜」(三弥井書店)が出版された。著者の二本松泰子・県短期大准教授(50)=古典文学=は「信州は鷹狩りの聖地だということを多くの人に知ってほしい」と話している。

 鷹狩りは戦国時代以降、藩主など位の高い武士のたしなみとされ「祢津(ねつ)流」などの流派が生まれた。…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです