メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

信州と関わり深い文化知って 鷹狩りの歴史たどる 県短大・二本松准教授、古文書もとに研究書 /長野

信州に関わりの深い鷹狩りの歴史を研究する二本松泰子准教授=長野市三輪8の県短期大で

 鷹(たか)を使った伝統的な狩猟「鷹狩り」の作法やその由来を記した古文書「鷹書」をもとに、信州と関わりの深い鷹狩り文化の歴史をたどる研究書「鷹書と鷹術流派の系譜」(三弥井書店)が出版された。著者の二本松泰子・県短期大准教授(50)=古典文学=は「信州は鷹狩りの聖地だということを多くの人に知ってほしい」と話している。

 鷹狩りは戦国時代以降、藩主など位の高い武士のたしなみとされ「祢津(ねつ)流」などの流派が生まれた。…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文590文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]