メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊法

施行前に防火指導を強化 京都市、来月から /京都

 京都市の門川大作市長は26日の記者会見で、国の住宅宿泊事業法の6月施行を前に、4月から防火指導体制を強化すると明らかにした。市消防局で管内に民泊施設の多い中京、下京、東山の各消防署2人を含む計10人の専任を増員する。京都市医療衛生センターの民泊対策担当も現行20人から6人増強し26人とする。

 15日に開設した届け出受け付け窓口の相…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです