民泊法

施行前に防火指導を強化 京都市、来月から /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 京都市の門川大作市長は26日の記者会見で、国の住宅宿泊事業法の6月施行を前に、4月から防火指導体制を強化すると明らかにした。市消防局で管内に民泊施設の多い中京、下京、東山の各消防署2人を含む計10人の専任を増員する。京都市医療衛生センターの民泊対策担当も現行20人から6人増強し26人とする。

 15日に開設した届け出受け付け窓口の相…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文279文字)

あわせて読みたい

ニュース特集