メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の仏像

終了にあたり・番外編 「伝えたい」心意気実感 人々に平安広げ、縁結び /京都

 京都面で連載していた「京都の仏像」が296回をもち今月13日で終了した。最後の記事を書いた私の署名を見て、読者や取材先の皆さんからたくさんの惜しむ声をいただいた。

 2010年1月3日の「京の仏像」連載開始から8年3カ月。京都支局の宗教担当になり、16年春から執筆するようになった。まず取り上げたのは京阪中書島駅近くの長建寺(京都市伏見区)にある「宇賀神将像」。豊臣秀吉がヘビの顔に自らを似せて作らせ、伏見城にまつった説もあり「うがじんさん」と呼ばれ、お像の印象は今も強烈に残る。5月3日に掲載して以後、45回を書いた。

 京都市左京区下鴨松ノ木町の路地のお堂で安置されていた木造地蔵菩薩(ぼさつ)坐像は、1999年ごろ初…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文858文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです