メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街・ひと・物語

安定感ある3輪タイプ開発 ふたごじてんしゃ・中原美智子さん /兵庫

改良に改良を重ねた4号目となる「ふたごじてんしゃ」と中原美智子さん=大阪市都島区で、元田禎撮影

 一昨年7月に株式会社「ふたごじてんしゃ」を設立した中原美智子さん(46)=大阪市都島区=は、双子を乗せても公道を走ることができる3輪タイプの自転車を業者と企画、開発した。5月末にも販売予定で、「双子のママ、パパにきっと喜んでもらえる」と、その日が待ち遠しくてたまらない。

 「自転車のペダルをこいでいると風のにおいや湿度を感じ、長男との会話も弾んだ。しかし、双子の次男、三男の場合は違った。二輪の自転車で何度もこけ、怖くなった」

 長男を出産した7年後、39歳で双子を授かった。30キロもある双子用のベビーカーを押すのは一苦労で、…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文688文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]