メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/17 謎の山・生駒山を歩く/7 山城から浮かぶ戦国時代 /奈良

 山城ブームである。大阪城、姫路城といった平城ではなく、山の上にある城(もしくは城跡)に注目が集まるようになった。

 奈良には「日本三大山城」の一つ高取城がある。が、生駒山も山城の宝庫なのだ。

 まず注目したいのは、北西部の飯盛山城。南北朝時代に築かれ、16世紀半ばに三好長慶が大規模な城に改修した。南北1200メートル、東西500メートル、曲輪も70以上あったとされる。長慶は足利将軍を追放して幕府を牛耳ったから、一時は飯盛山城に畿内政権があったのだ。

 一方、南端の信貴山には信貴山城があった。1559年に松永久秀が本格的な城に造り直し、南北700メー…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文980文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです