メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盲導犬

目指しパピー6匹 「あさひ」受け入れ 受刑者、寝食共に /島根

日本盲導犬協会の吉川明理事(左)から子犬を託される受刑者=島根県浜田市旭町丸原の島根あさひ社会復帰促進センターで、横井信洋撮影

 官民協働運営の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」(浜田市旭町丸原)で26日、受刑者が盲導犬候補の子犬(パピー)を育てるプログラムの委託式があり、日本盲導犬協会から生後5カ月のラブラドルレトリバー6匹が引き渡された。受刑者29人が6班に分かれて約10カ月間、寝食を共にしながら世話をする。【横井信洋】

 委託式で久野正道センター長は「命の尊さや他人と協力して信頼関係を築くことの大切さを学んでほしい」と…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文495文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  4. タイ洞窟 テスラCEO、救出の潜水士罵倒…株価急落
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]