メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える ジェネリック医薬品の真実/上 /福岡

 ■今回のテーマ ジェネリック医薬品の真実

 第219回患者塾が2月17日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館であった。テーマは「ジェネリック医薬品の真実」。医療費抑制のため広く浸透しているジェネリックについて、薬剤師や医師らが考え方を示した。【まとめ・長谷川容子】

医師(72)

 処方箋は一般名で書くことが推奨され、どのジェネリック医薬品を選ぶかは薬剤師次第です。薬局が経営的に有利な薬を選ぶ傾向はありませんか。

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1780文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです