メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族訴訟 公正な判決出して 支援団体、5万超の署名提出 /熊本

署名提出前に熊本地裁前で集会を開く支援者や弁護士

 国の隔離政策でハンセン病患者だけでなく家族も差別を受けたとして元患者の家族らが国に損害賠償などを求めた訴訟で、支援団体や弁護士らが26日、公正な判決を求める5万3174筆の署名を熊本地裁に提出した。

 署名では「訴えに耳を傾け、適切かつ迅速な審理の上、原告たちの受けた人生被害を認め、公正な判決を出してほしい」と要請している。

 提出前、地裁前で開かれた集会で、弁護団の国宗直子弁護士は「私たちが目指す年内結審、年度内(2018…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文442文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです