メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

家族訴訟 公正な判決出して 支援団体、5万超の署名提出 /熊本

署名提出前に熊本地裁前で集会を開く支援者や弁護士

 国の隔離政策でハンセン病患者だけでなく家族も差別を受けたとして元患者の家族らが国に損害賠償などを求めた訴訟で、支援団体や弁護士らが26日、公正な判決を求める5万3174筆の署名を熊本地裁に提出した。

 署名では「訴えに耳を傾け、適切かつ迅速な審理の上、原告たちの受けた人生被害を認め、公正な判決を出してほしい」と要請している。

 提出前、地裁前で開かれた集会で、弁護団の国宗直子弁護士は「私たちが目指す年内結審、年度内(2018…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです