メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

共通テスト 民間英語試験に8種 料金や公平性課題

 大学入試センターは26日、センター試験に代えて2020年度に始める大学入学共通テストの英語で、4技能(読む・聞く・書く・話す)を測るために活用する民間資格・検定試験について、英検やTOEFLなど8種類を対象にすると発表した。ただし、20年度に全都道府県で受けられるのは三つだけで、検定料も5800~2万5380円と幅があり、受験機会の公平性の確保など活用への課題は多い。

 共通テストの対象になった英語試験は、ケンブリッジ英語検定▽TOEFL▽TOEIC▽GTEC▽TEA…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文687文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]