メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/15 「野心なき」次期社長

4月から伊藤忠商事の社長に就任する鈴木善久=東京都港区で6日、小川祐希撮影

 「いいか、順番に説明するからな」。1月12日、伊藤忠商事情報・金融カンパニープレジデントの鈴木善久(62)は、社長の岡藤正広(68)に社長室に呼び出された。岡藤は、4月1日からCEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)という役職を新設し、岡藤が会長CEOに就く人事案を明かした。そのうえで、「お前にやってほしいんや」と鈴木に社長COOに就くよう求めた。

 社長を8年務め、カリスマ的存在となった岡藤の社長交代について、鈴木は他の役員と「だれが後任になって…

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです