連載

変革

時代の波にもまれる日本企業や組織を描く「変革」第11部は、04年の球界再編問題から大きく変化してきたプロ野球のパ・リーグに迫る。

連載一覧

変革

第6部 伊藤忠商事/15 「野心なき」次期社長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4月から伊藤忠商事の社長に就任する鈴木善久=東京都港区で6日、小川祐希撮影
4月から伊藤忠商事の社長に就任する鈴木善久=東京都港区で6日、小川祐希撮影

 「いいか、順番に説明するからな」。1月12日、伊藤忠商事情報・金融カンパニープレジデントの鈴木善久(62)は、社長の岡藤正広(68)に社長室に呼び出された。岡藤は、4月1日からCEO(最高経営責任者)とCOO(最高執行責任者)という役職を新設し、岡藤が会長CEOに就く人事案を明かした。そのうえで、「お前にやってほしいんや」と鈴木に社長COOに就くよう求めた。

 社長を8年務め、カリスマ的存在となった岡藤の社長交代について、鈴木は他の役員と「だれが後任になっても大変だよな」とひとごとのように話していた。グループ会社で航空機の内装品を製造するジャムコ社長を約4年務めた後、2016年に本社に戻って情報・金融部門のトップに就任。「もう一度、グループ会社に出て、サラリーマン人生も終わり」と考えていただけに、突然の社長就任要請にたじろいだが、岡藤がCEOとしてとも…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1139文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集