メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ビールの定義どう変わる? 麦芽比率引き下げ 果実や香辛料使用可に=回答・今村茜

 なるほドリ 4月にビールが変わるの?

 記者 酒税法(しゅぜいほう)改正に伴い、ビールの定義が変わります。今はホップ、水を除いた原料の重量中、麦芽(ばくが)が占める割合(麦芽比率)が「67%以上」で、米やトウモロコシなど限られた副原料を使ったものしかビールと認められません。4月からは麦芽比率が「50%以上」に引き下げられ、味や香りづけにさまざまな副原料を使えるようになります。

 Q どんな副原料が使えるようになるの?

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです