メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

共通テスト8種認定 民間試験、審査甘く 申請追従、基準も曖昧

共通テストの試行調査に臨む生徒ら=東京都目黒区で2017年11月、小川昌宏撮影

 2020年度から始まる大学入学共通テストの英語で活用される民間資格・検定試験に、英検やTOEICなど8種類が選ばれた。しかし、3カ月かかった「審査」は、実施団体の申請内容を文部科学省や大学入試センターが確認するだけの形式的なものにとどまった。一方、検定料が一部で値上がりしたほか、各都道府県で受けられない試験も認められ、高校などの懸念は深まっている。【金秀蓮、水戸健一】

 「既に各大学がさまざまな民間試験を使っている。この試験はけしからんから変えろではなく、試験会場や検…

この記事は有料記事です。

残り1963文字(全文2199文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです