愛媛・伊方原発

四国電、2号機廃炉へ 運転延長、採算とれず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 四国電力が伊方原発2号機(愛媛県伊方町、56・6万キロワット)を廃炉にする方針を固めたことが関係者への取材で分かった。27日の取締役会で決定し、佐伯勇人社長が愛媛県庁を訪ねて中村時広知事に伝える。2号機は運転停止中で2022年には40年の運転期限を迎える。四電は1000億円以上の安全対策費をかけて20年の運転延長をしても採算が取れないと判断した。

 伊方2号機は加圧水型軽水炉で1982年3月に運転開始。東日本大震災後の12年1月に停止した。運転を最長20年延長するには原子力規制委員会の安全審査に合格しなければならず、電力需要の減少が見込まれるなか、四電は安全対策にかける費用を回収できないと判断した。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集