メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国務長官交代とイラン合意の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 14日にティラーソン米国務長官の解任と、後任にポンぺオ中央情報局(CIA)長官が就くとの発表で、イラン情勢急変との見方が広がった。

 ポンペオ新長官は、2015年のイラン核合意に対して批判的で、この合意ではイランの核武装阻止は無理という点でトランプ米大統領と同じ見解なのだ。イランへの圧力は高まらざるをえない。

 これに対してイラン合意の当事者の英、仏、独3カ国の危機感は募る。はやくも16日には、イラン向けの厳しい政策実施案を共同で練った。米国を核合意の枠組み内に引きつけておくために、イランの弾道ミサイル開発やシリアでの軍事介入を理由にあげた対イラン新制裁案の作成は不可避との認識が浮上したのだ。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです