メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

強豪国から学び熟成 ベルギーユース代表育成担当 ボブ・ブロウェイズ氏(48)

ボブ・ブロウェイズ氏

 W杯ロシア大会で、優勝候補の一角として名前が挙がるベルギー。しかし、2006年、10年のW杯を逃し、09年には国際サッカー連盟(FIFA)ランキングが60位台に落ちる低迷期もあった。強化を支えたのが選手育成。ベルギーのユース代表の育成に携わるボブ・ブロウェイズ氏(48)に話を聞いた。【丹下友紀子】

 --育成に力を入れるきっかけは何だったのか。

 ◆ベルギー代表は1998年のW杯フランス大会、オランダと共同開催した00年欧州選手権とも1次リーグ敗退という結果に終わった。変化し、進歩しなければいけなかった。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです