メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 「違法審査」3人分判明 北海道、不妊手術の審査会省略

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく強制不妊手術が全国最多の北海道で65年、施行令で開催が義務づけられていた審査会が省略され、書面審査だけで3人分の手術が認められていたことが、毎日新聞の情報公開請求に対する道の開示資料から判明した。こうした「違法審査」で実施が決まった手術は、すでに判明している滋賀、三重、岐阜、福岡と合わせ、少なくとも5道県15人分となる。

 65年8~11月の道優生保護審査会の手術決定通知書などによると、道保健予防課は3人の書面審査につい…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです