メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 「違法審査」3人分判明 北海道、不妊手術の審査会省略

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく強制不妊手術が全国最多の北海道で65年、施行令で開催が義務づけられていた審査会が省略され、書面審査だけで3人分の手術が認められていたことが、毎日新聞の情報公開請求に対する道の開示資料から判明した。こうした「違法審査」で実施が決まった手術は、すでに判明している滋賀、三重、岐阜、福岡と合わせ、少なくとも5道県15人分となる。

 65年8~11月の道優生保護審査会の手術決定通知書などによると、道保健予防課は3人の書面審査について、いずれも「緊急実施が必要」と記述。「退園前に手術を受けさせて犯罪の発生防止を図りたい」「(別の手術と)合わせて行いたいとのこと」などと理由が記され、「緊急」「大至急」と繰り返されていた。

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  2. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  3. PL出身監督対決はセガサミーに軍配 18安打でNTT西降し4強入り 都市対抗

  4. 大阪で新たに262人の感染確認 6日ぶりに300人を下回る 新型コロナ

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです