プロ野球

日ハム本拠地、北広島移転へ 候補地決定 23年開業予定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの親会社、日本ハム(大阪市)は26日、東京都内で臨時取締役会を開き、本拠地・札幌ドーム(札幌市豊平区)の移転候補地を、札幌市に隣接する北広島市の「きたひろしま総合運動公園」に決めた。周辺にホテルや温浴施設などの商業施設を配置した「ボールパーク」を整備する計画で、球場は2023年春の開業予定。

 球団は04年、本拠地を東京ドームから札幌ドームに移転し、北海道唯一のプロ野球球団となった。しかし、札幌ドームは札幌市を中心とした第三セクター方式の運営で、広告や飲食などによる売り上げの大半が球団の収入にならず、観客席の改修や人工芝改善などで条件が折り合わないことに球団が不満を強め、16年から移転の検討を進めてきた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文523文字)

あわせて読みたい

ニュース特集