メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

新テスト 英語、民間8種類 公平性に課題

 大学入試センターは26日、センター試験に代えて2020年度に始める大学入学共通テストの英語で、4技能(読む・聞く・書く・話す)を測るために活用する民間資格・検定試験について、英検やTOEFLなど8種類を対象にすると発表した。ただし、20年度に全都道府県で受けられるのは三つだけで、検定料も5800~2万5380円と幅があり、受験機会の公平性の確保など活用への課題は多い。

 共通テストでは、受験生が受験年度の4~12月に対象試験の中から選んで受ける。成績はセンターが一元管理し、2回までの試験の得点そのものと、英語力の国際指標とされるCEFR(セファール)に基づく6段階評価を受験生の志望大学に送る。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです