メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本年金機構

年金過少10万人20億円 入力ミス、過大支給も4.5万人

 情報処理会社のSAY企画(東京都豊島区)が年金データ入力を巡り契約違反をしていた問題で、日本年金機構は26日、入力ミスで約10万4000人に計約20億円の過少支給があったと発表した。過大支給も約4万5000人、計約8000万円あった。年金機構は外部の専門家を入れた調査組織で原因を調べる。【桐野耕一】

 年金機構によると、過少支給のうち約7万9000人(計約19億6000万円)は入力漏れが原因で、不足額は平均2万5000円程度、最大5万円だった。誤入力も約2万5000人分あり、平均2100円少なかった。過大支給は誤入力が原因で約4万5000人分、平均1800円多かった。いずれも4月までに調整する。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです