メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

大阪に咲いた「西華山房」 多士済々 作家・藤沢桓夫のサロン

大阪自由大学で講演する木津川計さん=大阪市北区で2018年3月19日、三村政司撮影

 かつて流行作家として鳴らした藤沢桓夫(たけお)(1904~89年)が没して来年で30年。大阪市住吉区にあった自宅兼書斎のサロン「西華(せいか)山房」には、作家の織田作之助、五味康祐(やすすけ)、司馬遼太郎、庄野英二・潤三兄弟、詩人の小野十三郎、杉山平一らが集い、「藤沢山脈」を形成した。この山房で育まれ芳香を放った「大阪文化」を再考しようと提言している人がいる。『上方芸能』(2016年終刊)の元発行人で立命館大学名誉教授の木津川計さん(82)だ。「今まさに、大阪の都市格(品格)の分かれ道にきている。改めて西華山房や藤沢山脈にヒントを見いだしたい」と話す。【有本忠浩】

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです