メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市営地下鉄

「Osaka Metro」手探り発車 来月1日民営化 関西最大規模、当面は市が100%株主

大阪市交通局が発表した地下鉄新会社のロゴ

 大阪市営地下鉄は4月1日に民営化され、市が株を100%保有する新会社「大阪市高速電気軌道」が誕生する。公営地下鉄の民営化は全国初。JRを除けば関西最大規模の鉄道会社で、経営の自由度が高まることで事業の多角化を図り、サービス向上や増収を目指す。ただ、廃止される市交通局から移る職員に民間の感覚が浸透するには時間がかかりそうで、手探りの中での出発になる。【岡崎大輔】

 新会社の愛称は「Osaka Metro(オオサカ メトロ)」。ロゴマークは青を基調に、メトロの「M」の文字が走り続けるようなデザインだ。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです