メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

「ボス・ベイビー」が初登場首位 トップ3がアニメ作品

劇場版アニメ「ボス・ベイビー」の一場面 (C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved

 26日に発表された24、25日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ劇場版アニメ「ボス・ベイビー」(トム・マクグラス監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約28万7000人を動員し、興行収入は約3億5400万円を記録。公開初日の21日からの累計は、動員が約67万人、興行収入が約7億9600万円となっている。

 2位はディズニー/ピクサーの劇場版アニメ最新作「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ共同監督)、3位にはアニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)の劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の宝島」(今井一暁監督)で、トップ3をアニメ作品が独占する結果となった。「リメンバー・ミー」は、土日2日間の動員が約28万3000人、興行収入が約3億7700万円で、興行収入では1位だった。「映画ドラえもん のび太の宝島」の動員は約27万2000人、興行収入は約3億2200万円で、前週より順位を落としたものの、累計では早くも動員280万人、興行収入32億円を突破している。

 初登場作品では、人気ゲームを題材にした映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」(ロアー・ウートッグ監督)が7位にランクイン。また、俳優の福士蒼汰さん主演で唐々煙(からからけむり)さんのマンガを実写化した「曇天に笑う」(本広克行監督)は11位発進とトップ10入りを逃した。

 累計興行収入では、前週に続き5位をキープした「グレイテスト・ショーマン」(マイケル・グレイシー監督)が37億円を突破している。

 1位 ボス・ベイビー

 2位 リメンバー・ミー

 3位 映画ドラえもん のび太の宝島

 4位 ちはやふる -結び-

 5位 グレイテスト・ショーマン

 6位 映画プリキュアスーパースターズ!

 7位 トゥームレイダー ファースト・ミッション

 8位 北の桜守

 9位 去年の冬、きみと別れ

 10位 ブラックパンサー

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです