終活

「レンタル墓」なぜ選ぶ? 数十万円で5~10年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
墓地に建てた「レンタル墓」の前に立つ橋本純信住職=奈良市十輪院町の南都十輪院で2018年3月15日、数野智史撮影
墓地に建てた「レンタル墓」の前に立つ橋本純信住職=奈良市十輪院町の南都十輪院で2018年3月15日、数野智史撮影

 墓地・墓石をお貸しします--。核家族化や宗教離れなどライフスタイルの変化で「お墓」の形態が多様化する中、比較的低予算で一定期間だけ利用できる「レンタル墓」が近年、奈良県内にも現れ始めている。死後の世界や故人とのつながりの象徴でもある墓は、人の生き方や考え方の変化も鏡のように映し出す。レンタル墓に込められた意味を探った。【数野智史】

 さまざまな形をした墓約400基が並ぶ奈良市十輪院町の南都十輪院の墓地で、つやつやと輝く3基の墓石が目立つ。今年1月に寺が建てたレンタル墓だ。「墓じまいで空いた所に建てた。需要があるようなら今後も増やそうかと」と橋本純信住職(69)。墓を探す人の事情や檀家(だんか)の要望などに触れ、設置を決めたという。墓は、名前や戒名が彫られる上部の石板が取り外し可能になっている。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1140文字)

あわせて読みたい

ニュース特集