メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東尋坊

ようこそ「がけっぷちへ」 一帯の魅力発信

観光客に人気の高い東尋坊(福井県観光協会提供)

 景勝地・東尋坊(福井県坂井市)を軸にした観光プログラム「がけっぷちリゾート」を、坂井・あわら両市が連携して始めた。第1弾として、東尋坊周辺の水族館や遊園地など7施設をお得に楽しめる周遊チケットの販売を26日に開始し、一帯の魅力発信を進める。【大森治幸】

    がけっぷちリゾートのロゴ(プロジェクトのホームページより)

     東尋坊は2016年に144万人の観光客が訪れるなど県内随一の観光スポット。22年度末には北陸新幹線福井延伸を控えており、両市や観光、宿泊業者らでつくるグループは、広域的な周遊滞在型の観光戦略を練り、東尋坊にちなんだネーミングのプログラムを打ち出した。

     「がけっぷち」の語感に対するマイナスイメージを懸念する声もあったが、インパクトの強さを優先。平仮名表示にすることで柔らかさに配慮した。

     周遊チケットを使えば、東尋坊観光遊覧船▽越前松島水族館▽芝政ワールド▽金津創作の森▽乗馬クラブパ・ドゥドゥ▽北潟湖畔公園(貸しボートなど)▽藤野厳九郎記念館--が無料で利用できたり体験イベントに参加できたりする。

     1日有効チケットは大人3500円、子供(小学生)2200円。各施設を個別利用した場合、大人では計8130円、子供で計5030円かかるため、周遊チケットは6割近くお得だ。2日間有効チケットもある。周遊チケットでは両市内の飲食店や土産物店など計28施設で値引きも受けられる。

     坂井市観光産業課の村中美帆主事は「知る人ぞ知る穴場スポットもある。有名どころ以外にも行って福井の魅力を感じてみてほしい」と話す。

     利用期間は4月7日~6月29日(大型連休中の4月27日~5月6日は利用不可)。

     問い合わせは同課(0776・50・3152)。ホームページ(https://www.sakai-awara.jp/)でも詳細を確認できる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
    3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
    4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです