メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国電力

伊方2号機廃炉を正式決定 愛媛知事と面会

伊方原発2号機=愛媛県伊方町で2008年12月10日、本社機から貝塚太一撮影

 四国電力は27日、取締役会で伊方原発2号機(愛媛県伊方町、56.6万キロワット)を今年5月に廃炉にすることを正式に決定した。2号機は2022年に40年の運転期限を迎える。四電は約1900億円の安全対策費をかけて最長20年の運転延長をしても投資を回収できないと判断した。佐伯勇人社長は27日午前、愛媛県庁で中村時広知事に面会し「苦渋の判断をした」と理解を求めた。東日本大震災以降、原発の廃炉は東京電力福島第1原発を除いて9基目。廃炉期間は約40年で、費用は約400億円を見込んでいる。

 佐伯社長と中村知事は午前10時半から約15分間、面談。報道陣にも公開された。佐伯社長は「残念ながら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです