那須雪崩事故1年

処分の教諭「責任を感じている」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高校生ら8人が死亡した雪崩事故から1年が経ち開かれた追悼式=栃木県那須町で2018年3月27日午前10時29分、宮間俊樹撮影
高校生ら8人が死亡した雪崩事故から1年が経ち開かれた追悼式=栃木県那須町で2018年3月27日午前10時29分、宮間俊樹撮影

 栃木県那須町の茶臼岳で登山講習中の県立大田原高の男子生徒7人と男性教諭1人が雪崩で死亡した事故から27日で1年となった。追悼式後、登山講習会を運営し、懲戒処分を受けた当時の県高体連登山専門部委員長、猪瀬修一教諭らが記者会見した。猪瀬教諭は「多くの方を悲しませ、本当に申し訳ない」と頭を下げ、「(事故…

この記事は有料記事です。

残り64文字(全文214文字)

あわせて読みたい

注目の特集