メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対馬放火殺人

39歳被告に無期懲役判決 長崎地裁

放火され、2人の遺体が見つかった古川敬氏さん方=対馬市豊玉町で2017年11月30日、今野悠貴撮影

民家全焼で2人死亡で殺人と放火 求刑は死刑

 長崎県対馬市で2016年12月、民家が全焼し、住人の漁業、古川敬氏(けいし)さん(当時65歳)と次女で診療所職員の聖子さん(同32歳)の遺体が見つかった事件で、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた同市美津島町の元鉄工所経営、須川泰伸(ひろのぶ)被告(39)の裁判員裁判で、長崎地裁(小松本卓裁判長…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです