特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

明秀日立が快勝 エース細川が連続完投勝利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【高知-明秀日立】明秀日立のエース細川=阪神甲子園球場で2018年3月27日、猪飼健史撮影
【高知-明秀日立】明秀日立のエース細川=阪神甲子園球場で2018年3月27日、猪飼健史撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第5日の27日は2回戦3試合。第3試合は、明秀日立(茨城)と高知(高知)が対戦。初回に先制した明秀日立が得点を重ね、2ケタ10点を奪って高知に快勝、初戦の甲子園初勝利に続いて3回戦への進出を決めた。

 ○明秀日立(茨城)10-1高知(高知)●

 明秀日立は一回、池田の左前適時打や押し出し四球、細川の中犠飛で3点先取。二回も有住の左前2点打で加点し、五回に芳賀の2点三塁打で駄目押しした。先発・細川は直球に威力があり、5安打1失点で2試合連続の完投。高知は先発・中屋が序盤に制球を乱し大量失点したのが痛く、打線も四回の併殺の間の1点に終わった。

 明秀日立・金沢成奉監督 低めの変化球を見極め、序盤に5点を取れたのは大きかった。(1失点完投の細川は)初戦に比べて落ち着いていた。

 高知・島田達二監督 (先発の)中屋は焦りがあった。前半にリードされて大味な攻撃になってしまった。この点差で足を使うのは難しかった。

次に読みたい

あわせて読みたい