メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
森友文書改ざん

佐川氏答弁の誤り認める 太田理財局長

参院予算委の集中審議に臨む安倍晋三首相(手前)。奥は財務省の太田充理財局長=国会内で2018年3月26日午前8時54分、宮間俊樹撮影

 財務省の太田充理財局長は26日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題を巡り、前任の佐川宣寿前国税庁長官が昨年3月の国会で「2015年1月9日の学園との面会記録はない」と事実と異なる答弁をしていたことを認めた。改ざん前の文書に同省が学園を訪問したことが明記されていた。衆参両院は27日に佐川氏を証人喚問し、改ざんや国有地の大幅値引きの経緯を巡る同氏の説明が焦点となる。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長が26日の予算委で、15年1月9日に「近畿財務局が学園を訪れ、国の貸付料…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文852文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです