メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア難民

命がけの国境越え 内戦、残るISの脅威

トルコ出国の許可を求め列を作るシリア難民=トルコ南東部キリスで2018年3月12日午前、高橋宗男撮影

 7年以上続く内戦で、560万人以上が国外に逃れ、610万人が国内避難民となったシリア。隣国トルコには今も難民の流入が続き、その数は350万人を超える。軍が国境管理を強化する中、戦火で家を追われた人々は命がけで国境を越えていた。【トルコ南東部アンタキヤなどで高橋宗男】

トルコへ350万人流入

 「胸まで水につかり、水路を100メートル以上渡った。寒くて凍えそうだった」。今月9日に密入国したばかりのシリア北部カフルヌーランの女性(24)は、ずぶぬれになって国境を越えた夜のことを振り返った。本名を出さないでほしいと要望し、ウンム・アリ(アリの母)と名乗った。トルコ南東部アンタキヤに住む同じシリア難民の友人宅に身を寄せる。

 今年2月中旬からの度重なる越境の試みは、そのたびにトルコ兵に見つかり失敗。国境沿いのオレンテス川を…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1573文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]