メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧米発スポーツ

「スラックライン」副住職が火付け役

 木や柱に渡した幅5センチのベルト状の「ライン」に乗り、バランスを取ったり跳ねたりする欧米発のスポーツ「スラックライン」が楽しめる場所として長野県小布施町の浄光寺がにぎわっている。

 火付け役は副住職の林映寿さん(41)。「たかが3秒でもできた時の喜びは格別」と達成感のとりこに。「寺子屋のようにいろい…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです