新共通テスト

民間英語試験、8種類対象 公平性など課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
共通テストの対象になる英語の民間試験
共通テストの対象になる英語の民間試験

 大学入試センターは26日、センター試験に代えて2020年度に始める大学入学共通テストの英語で、4技能(読む・聞く・書く・話す)を測るために活用する民間資格・検定試験について、英検やTOEFLなど8種類を対象にすると発表した。ただし、20年度に全都道府県で受けられるのは三つだけで、検定料も5800~2万5380円と幅があり、受験機会の公平性の確保など活用への課題は多い。

 共通テストでは、受験生が受験年度の4~12月に対象試験の中から選んで受ける。成績はセンターが一元管理し、2回までの試験の得点そのものと、英語力の国際指標とされるCEFR(セファール)に基づく6段階評価を受験生の志望大学に送る。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文785文字)

あわせて読みたい

注目の特集