メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PTSD

中学時代の暴行で、28歳が賠償提訴 兵庫

 16年前に入学した兵庫県福崎町立の中学で3年間、同級生から暴行などを受け続けた結果、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症して就労できなくなったなどとして、同県に住む男性(28)と母親が26日、元同級生の男性(28)と両親、町を相手取り、計約1億9600万円の損害賠償を求めて神戸地裁姫路支部に提訴した。

 訴状などによると、原告男性は2002年4月の中学入学直後から、元同級生に殴る蹴るの暴行や追いかけ回…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです