特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊手術

三重県が相談窓口、27日設置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三重県の鈴木英敬知事は26日、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された人や家族の相談を受け付ける窓口を27日から設置すると発表した。

 相談窓口では、県が提供可能な情報を伝えるとともに、家族らの思いを聞き取って国に伝えるという。家族らの同意が得られた場合には、実態解明に向け医療機関などに個人情報を提供することも検討する。国で救済に向けた動きが…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集