メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

三重県が相談窓口、27日設置

 三重県の鈴木英敬知事は26日、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された人や家族の相談を受け付ける窓口を27日から設置すると発表した。

 相談窓口では、県が提供可能な情報を伝えるとともに、家族らの思いを聞き取って国に伝えるという。家族らの同意が得られた場合には、実態解明に向け医療機関などに個人情報を提供することも検討する。国で救済に向けた動きが…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです