メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市営地下鉄

新会社「大阪市高速電気軌道」誕生へ

 大阪市営地下鉄は4月1日に民営化され、市が株を100%保有する新会社「大阪市高速電気軌道」が誕生する。公営地下鉄の民営化は全国初。JRを除けば関西最大規模の鉄道会社で、経営の自由度が高まることで事業の多角化を図り、サービス向上や増収を目指す。ただ、廃止される市交通局から移る職員に民間の感覚が浸透するには時間がかかりそうで、手探りの中での出発になる。

 新会社の愛称は「Osaka Metro(オオサカ メトロ)」。ロゴマークは青を基調に、メトロの「M」の文字が走り続けるようなデザインだ。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです