メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンデルセン賞

作家賞に角野栄子さん 日本人3人目

 「魔女の宅急便」などで知られる児童文学作家の角野栄子さん(83)が26日、「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれた。日本人の作家賞受賞は1994年のまど・みちおさん、2014年の上橋菜穂子さんに次ぎ3人目。画家賞を含めると5人目となる。

 主催する国際児童図書評議会(IBBY、本部・スイス)が同日、イタリア・ボローニャで開催中の国際児童図書展で発表した。授賞式は8月30日にアテネで開かれる。

 角野さんは「小さい頃から大好きだったアンデルセンの名前が付いた賞を受賞できて、本当に光栄です」と話…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです