特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会をライブ配信します。

特集一覧

選抜高校野球

「負けたら悔しさだけ」下関国際の鶴田投手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【下関国際-創成館】下関国際先発の鶴田=阪神甲子園球場で2018年3月26日、久保玲撮影 拡大
【下関国際-創成館】下関国際先発の鶴田=阪神甲子園球場で2018年3月26日、久保玲撮影

 ○創成館(長崎)3-1下関国際(山口)●

 失点したことでむしろ吹っ切れた。下関国際の鶴田克樹投手(3年)。一回、先頭打者からいきなり連続二塁打を浴び、さらに味方の失策。打ち取ろうという気持ちが力みにつながり、先制を許した。だが、試合前から3点以内に抑えることが目標で「点を取られるのは分かっていた」と開き直った。

 180センチ、93キロの恵まれた体を存分に使って、思い切り腕を振った。2点を失ったが、自己最速を4キロ更新する145キロを記録するなどして後続を断つと、二回以降はテンポのいい投球で好投した。

 昨夏の甲子園は4番・一塁手で、登板はなかった。冬場に下半身を鍛えたことで体重移動がよりスムーズになり、球持ちも長くなって球威も増した。

 エースナンバーを付けて臨んだ今大会。「打者と対戦できることがすごく楽しみだった」。与四球1と持ち味の制球の良さも示したが、「どんなに良い投球をしても、負けたら悔しさしかない」。甲子園初勝利の夢が持ち越され、大きな体をかがめて振り絞った声は小さかった。【長田舞子】

関連記事

あわせて読みたい