特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

選抜高校野球

伊万里・末吉「色気出て」と苦笑いの適時打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【伊万里-大阪桐蔭】八回表伊万里1死一塁、末吉が左越え適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月26日、猪飼健史撮影 拡大
【伊万里-大阪桐蔭】八回表伊万里1死一塁、末吉が左越え適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月26日、猪飼健史撮影

 ○大阪桐蔭(大阪)14-2伊万里(佐賀)●

 伊万里の最初の得点は7番・末吉のバットから生まれた。八回1死一塁で「ストレートだけに絞っていた」と初球の内寄りの直球をフルスイング。高く上がった打球は左翼フェンスを直撃し、走者を還した。

 もっとも、打った直後は「感触が良かったので、本塁打になると思って打球を見ていた」と余韻に浸っていたことがあだとなり、一塁ベースを踏み忘れた。慌てて戻ったため、単打にとどまった。「色気が出てしまった」と苦笑いの適時打だった。

次に読みたい

あわせて読みたい