メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

全国高校選抜大会、注目の王座争い 28日決勝のみどころ

女子個人形の大内美里沙(推薦・日本航空高1年)。昨夏のインターハイ3位、今大会も優勝候補=空手道マガジンJKFan提供
「TOKYO2020 オリンピック空手スペシャルアンバサダー」の是永瞳さん。「形の凛とした美しさが魅力」と語る=空手道マガジンJKFan提供

 第37回全国高等学校空手道選抜大会の決勝は28日、高松市総合体育館で行われる。夏のインターハイとならび、「春の選抜」と称される高校空手の2大全国大会のひとつだ。日本代表などの経歴を持つ推薦選手に加え、全国各地区の予選を勝ち抜いた選手、チームが出場する。実施されるのは12種目。個人戦と団体戦の形と組手の種目が行われる。空手競技の形・組手それぞれの種目の説明とみどころを紹介する。決勝の模様は午前11時15分から毎日新聞ニュースサイトの特設ページ(https://mainichi.jp/jkfhs-2018)で生中継される。

個人形

 女子個人形は、森本莉菜(推薦・城南学園高1年)、大内美里沙(推薦・日本航空高1年)の1年生の2人が注目。全空連ジュニアナショナルチームに所属し、中学生時代から切磋琢磨(せっさたくま)する同級生ライバル2人の決勝が実現するか? 対戦が実現した場合、どちらに軍配が上がるか?

 男子個人形は、ニューカマーの登場に期待。昨年の本大会で3位に入った実績のある田中透也(近畿・大阪学芸高2年)、また舟田葵(推薦・日本航空高1年)、日比裕太(推薦・浪速高1年)の全空連ジュニアナショナルメンバー2選手も高校全国初タイトルを狙う。

男子個人形の田中透也(近畿・大阪学芸高2年)。昨年大会で3位に入った実績がある=空手道マガジンJKFan提供

団体形

 女子団体形は群雄割拠だ。昨年大会優勝の御殿場西(推薦・静岡県)、今年の関東選抜チャンピオン前橋工業(関東北・群馬県)、近畿選抜大会の決勝を争った大阪学芸(近畿・大阪府)と城南学園(近畿・大阪府)の2チーム、これらが優勝候補になるだろう。

 男子団体形は、昨年大会の決勝を争った拓殖大学紅陵(推薦・千葉県)、世田谷学園(関東南・東京都)の2強が今年も強力。1月の関東選抜大会では拓殖大学紅陵が優勝。果たして全国選抜ではどうなるか?

個人組手

 昨年までの体重無差別から、階級別になった個人組手。男女とも3階級に分かれた。

 女子組手53キロ級は、昨年の世界ジュニア大会銅メダリスト・島愛梨(推薦・御殿場西高2年)と、アジアジュニア大会金メダリスト・田畑梨花(推薦・夙川学院高2年)の2選手が軸。国際級の両選手による決勝が期待される。  

 59キロ級では、近畿チャンピオン・坂地心(推薦・大阪学芸高1年)が有力。勝負強さが光る。

 そして59キロ超級では、大本命・澤江優月(推薦・日本航空高2年)に注目。2017年、並み居る上級生に勝ち、春の全国選抜、夏のインターハイ、秋の国体と3冠を果たした。171センチ、74キロの恵まれた体格を駆使したパワーあふれる組手で高校全国大会4連覇に挑む。

女子組手59キロ級、大本命の澤江優月(推薦・日本航空高2年)。2017年の全国大会では無敗の3冠、今大会も優勝候補筆頭=空手道マガジンJKFan提供
男子組手61キロ級の南友之輔(推薦・浪速高2年)。名門・浪速高エースのプライドをかけ優勝を狙う=空手道マガジンJKFan提供

 男子組手では、61キロ級の王座争いが激しい。17年世界カデットで優勝した内野翔太(推薦・浪速高1年)は、急激に成長中。内野の先輩で名門・浪速高のエース・南友之輔(推薦・浪速高2年)との浪速高先輩後輩での決勝対決なるか。また、山岡政稀(推薦・高松中央高1年)は今年11月に開催されるユースオリンピックの出場有力候補。国内大会でタイトルを取り弾みをつけたいところ。

 68キロ級には、前年無差別級だった男子個人組手種目で3位に入った池澤海(推薦・日本航空高2年)が登場。勢いに乗った時の爆発力はすさまじい。

 68キロ超級では、昨年夏のインターハイ準優勝者・荒木弘貴(推薦・日本航空高2年)が筆頭。日本航空チームのエースとして、タイトルを奪いたい。園田雅人(推薦・松山東高1年)、崎山慶成(推薦・高松中央高1年)の四国勢も力がある。

団体組手

 女子団体組手は、日本航空(関東南・山梨県)が戦力充実。優勝候補筆頭と言えるだろう。前年優勝の御殿場西(推薦・静岡県)は緻密な戦略を駆使してトーナメントを勝ち上がる。団体戦では個の力を何倍にも伸ばす伝統校だ。

 男子団体組手は、浪速(推薦・大阪府)がこの種目4連覇に挑む。試合展開に応じてスタイルを変えることができる変幻自在の組手をする選手が多く、今回も優勝候補。対抗として、昨年夏のインターハイ優勝の高松中央(推薦・香川県)も選手層が厚い。日本航空(関東南・山梨県)は荒木・池澤のエースが強力、頂点をとる実力十分だ。(空手道マガジンJKFan提供)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  3. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  4. 福岡4人水死 「離岸流」原因か
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです