メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

全国高校選抜大会、注目の王座争い 28日決勝のみどころ

女子個人形の大内美里沙(推薦・日本航空高1年)。昨夏のインターハイ3位、今大会も優勝候補=空手道マガジンJKFan提供

 第37回全国高等学校空手道選抜大会の決勝は28日、高松市総合体育館で行われる。夏のインターハイとならび、「春の選抜」と称される高校空手の2大全国大会のひとつだ。日本代表などの経歴を持つ推薦選手に加え、全国各地区の予選を勝ち抜いた選手、チームが出場する。実施されるのは12種目。個人戦と団体戦の形と組手の種目が行われる。空手競技の形・組手それぞれの種目の説明とみどころを紹介する。決勝の模様は午前11時15分から毎日新聞ニュースサイトの特設ページ(https://mainichi.jp/jkfhs-2018)で生中継される。

この記事は有料記事です。

残り1451文字(全文1714文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです