メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

今年の平壌マラソン、外国人出場者半減か 米国の渡航禁止措置で

 3月26日、毎年4月に開催される「平壌マラソン」は北朝鮮最大の観光イベントのひとつだが、今年は外国人出場者が昨年の半分程度になりそうだ。政治的緊張の高まりや、米国からの渡航規制が響いているという。写真は2016年5月撮影の平壌(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[PR]

 [ソウル 26日 ロイター] - 毎年4月に開催される「平壌マラソン」は北朝鮮最大の観光イベントのひとつだが、今年は外国人出場者が昨年の半分程度になりそうだ。政治的緊張の高まりや、米国からの渡航規制が響いているという。

 昨年7月、北朝鮮で17カ月間拘束された米国人大学生が解放後に死亡した事件を受け、米政府は、米国民の北朝鮮渡航を禁止した。

 ある旅行代理店担当者によると、昨年は外国人出場者が1000人前後と異例の多さだったが、今年は500人前後の見通し。

 米国からの渡航禁止措置は、一部の人道・報道関係者を除いて現在も適用されており、1月には国務省が、北朝鮮など危険な国への渡航者に対し、出発前に遺言状を作成し、葬儀の方法について家族と話し合うよう警告を出しはじめた。

 北朝鮮問題を扱うウェブサイト、NKニュースによると、北朝鮮国家観光総局は先週、一新した観光ウェブサイトを公開。さまざまな観光・旅行企画を宣伝している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです