メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

港湾コスト増? 海面上昇など、最大2.5兆円 調査会社試算

 地球温暖化で海面上昇や高潮の傾向が強まると、国内11の主要港湾で土地のかさ上げ工事などが必要になり、最大計2兆5000億円の対策費が必要になるとの試算をシンガポールの調査会社が発表した。特に千葉港の対策費は6600億円とアジア地域最大で、今後、港湾整備計画を作る際には温暖化対策も考慮すべきだと指摘している。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)によると、世界の気温が産業革命前より平均約4度上がる場合、海面水位は最大80センチ上昇し、高潮の原因となる暴風の強さは20~30%増すとしている。試算はこれを基に、アジアの主要53港湾について、浸水被害を防ぐための土地のかさ上げや防潮壁建設にかかる費用を分析した。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです